広島大学大学院医歯薬保健学研究科

消化器⋅代謝内科学

(広島大学病院 旧第一内科)

入局・研修案内

卒後後期臨床研修
資格認定試験の受験資格について

認定内科医

受験年限

  • 平成15年以前の医師国家試験合格者

    • 教育病院(内科系大学院含)のみでの内科研修計3年以上
    • 教育病院(内科系大学院含)での内科研修2年以上+教育関連病院での内科研修1年以上=計3年以上
    • 教育関連病院のみでの内科研修計5年以上
  • 平成16年以降の医師国家試験合格者

    • 臨床研修2年+教育病院(内科系大学院含)での内科研修1年以上=計3年以上
    • 臨床研修2年+教育関連病院での内科研修1年以上=計3年以上(臨床研修必修化の研修の2年間は教育病院での研修扱いとする)

提出書類

  • 平成18年度までの認定内科医受験者

    • 受持入院患者症例の一覧表
    • 18症例の病歴要約(内科の9分野から各2症例ずつ)
    • 外科転科症例3例(病歴要約と手術記録)
    • 剖検症例3例(病歴要約と剖検報告書)
  • 平成19年度以降の認定内科医受験者

    • 受持患者症例計18例
      • 内科9分野からそれぞれ1症例を含む12例(病歴要約)
      • 外科転科もしくは外科担当症例3例(病歴要約と手術記録)
      • 救急(救急外来もしくは救急入院担当症例)2例(病歴要約)
      • 剖検(他科での担当症例を認める)1例(病歴要約と剖検報告書)
    • CPC、 CC、学会発表、症例報告などの受験者本人が自分の受持症例をプレゼンテーションした中から資料を1部以上添付すること。
    • 臨床研修修了証のコピーを添付すること。
    • ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)の受講証を添付すること。

認定内科専門医

受験年限

  • 平成17年・平成18年度の受験者

    • 教育病院(内科系大学院含)での内科研修計6年以上
    • 教育病院(内科系大学院含)での内科研修3年以上+教育関連病院での内科研修3年以上=計6年以上
  • 平成19年度以降の受験者

    • 認定内科医取得後、教育病院(内科系大学院含)での内科研修計1年以上+教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上
          注:計3年以上のうち、教育病院での研修が1年以上は必要である。
    • 認定内科医取得後、教育関連病院での内科研修5年以上

提出書類

  • 18症例の病歴要約18例(内科の9分野から2症例)
  • 外科転科症例2例(病歴要約と手術記録)
  • 剖検症例2例(病歴要約と剖検報告書)
  • 業績発表2篇(論文または学会抄録)